雪掻きには大型の移植ごて(プラスチック製)、お勧め!

画像

 東京も20年ぶりの大雪ということで、今も周囲から雪掻きの音が聞こえてきます。中には本格的な雪掻き用スコップを用意して作業している人もいれば、塵取りで行っている人もいます。

 しかし移植ごてで行っている人を見たことがありませんが、実はこれがお勧めなのです。実は2年前の大雪の際雪掻き用のスコップを買いに渋谷の東急ハンズに行ったのですが、出遅れたらしくすべて売り切れでした。
 
 わずかに残っていたのが、園芸用品のコーナーにあった真鍮製のシャベルでした。これがなかなか美しく小ぶりで手触りも良いので、かなり気持ちは動いたのですが、雪掻き用にはそれ自体が結構重いのと6000円という値段が少し微妙でした。

 「そういえば!」移植ごての大型の深いのは、今回の目的に沿うのではないかと思いついて、係りの人に聞いたところ、東急本店の屋上の園芸コーナーにあるということで、早速行ってみました。そこで全長40㎝程のプラスチック製で、それなりの深さもあり、しかも濃緑色の落ち着いた色の製品(図は類似品です)が600円ほどでした。

 作業するのに軽くて丈夫だし、
 それなりの高さがあるのでシャベルというわけにはいかなくても、そんなにかがまなくて作業できるし、
 収納にもスペースはとらないし、
 私の場合、園芸の土運びにも使えるし、本当に良いことずくめでした。

 勿論、雪国には全然通用しませんが、東京程度の頻度の雪で家の周り(かなりのお屋敷でなければ)位ならぴったりです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

渡り鳥
2014年02月10日 21:06
直径40㎝って本来の用途には大きすぎないですか。私のマンションでは備品の雪かきシャベルが用意され、住民が勝手に雪かきをしてました。私も15分ほど参加。おかげで通路だけは確保できました。
2014年02月11日 09:00
直径という表現がおかしいんですね。全長といえばいいのでしょうか。全長40㎝だから家の周りくらいで、道路を10メートル以上とかになるともう少し大型のシャベルでないと大変でしょうね。

この記事へのトラックバック