水野和夫「資本主義の終焉と歴史の危機」を読んで考えたこと

 なんとなく、世の中の動きに感情がついていけなくなっていることが増えている気がする。そういう気持ちから「経済成長至上主義からの決別」を書いたわけだが、根底は世界で起きていることが理解できていないことへの不安感なのだろうと思う。その中でも特に最近理解できなくなっていることの一つが、労働者の処遇についての問題-
例えば日産のゴーンは大した働きをしているとも思えないのにワーキング・プアが問題になっているこの日本の社会で、なんで年収10億円もとっているのだろうとか、マクドナルドのCEOのハワード・シュルツは社員を最低賃金(※)スレスレでこき使いながらなんで特別賞与で62億円も貰ったりしているのか。なぜこういう不合理やアンチモラルが通用するのだろうーがある、(また彼らは恥ずかしくないのだろうか?)。一方スイスでは(詳細不明だが)国内の企業に対し社内での年収の格差を12倍以上を認めないとする国民投票が行われたらしい(不成立だったらしいが)。そういう気持ちでいたところにこの「資本主義の終焉と歴史の危機」という本の存在を知り気になった。




 この本は、経済史の立場から、現代の状況を捉えようとしている作品で、門外漢の私には消化不良だったり、あるいはおそらく作者自身も整理しきれていない部分もあって、かなりわかりにくい個所が残ったままだが、それでも自分なりに(独断と偏見によって)、今までの疑問が整理できた部分もあるので、ここに記しておきたい。




 (素朴過ぎて恥ずかしいが)、素朴な疑問の一つが、日経新聞の12月26日の長期金利が、0,31%を記録して史上最低記録を更新したというもの。(それまでの最低記録はイタリアのジェノバで17世紀に記録した1,125%を日本では1998年に更新しそれを更新し続けているというもの。)それが日本だけでなく、地球規模でそういう超低金利状態が続いているということはどういう意味があるのか。何か時代を象徴しているのだろうか?




 消化不良だったが、この本を参考に、少し自分の頭で考えてみると、いうまでもなくそれ以上の高金利で借りても、割に合う事業が地球上にはもう存在しないことを示しているのではないか。つまり資本主義の要諦は安く買いたたいて、高く売りつけることにあるとすれば、既に情報的にも、あるいは地理的にも安く買いたたけるような未開地は地球上には存在しないということだ。だから地道な交易は出来ても、アメリカの貪欲な資本家たちを満足させるような利潤の大きい未開の地は、地球上にはもう存在しないということだろう。それが長期金利の最低記録の更新の意味だろう。



 しかしそれにしても、日本の1970年代から90年頃の1億総中流社会は何故崩壊してしまったのだろうか?(アメリカでも日本より10年弱先行する形でほぼ同じ形で崩壊したようだ。)これには情報化社会の進展とか様々な要因が挙げられているが、時代背景も併せて考えてみると、最も大きな影響を与えたのはグローバリズムというか、もっと絞って言えば、資本の自由化のようだ。



 つまりマルクスは、ストライキによって労働者も資本家と対抗出来ると考えたが、資本の自由化によって生産財自体が国外に流出してしまえば、ストライキも成立しないわけで、恐らくこの資本の自由化が労使の力関係を根本的に(資本家側に有利なように)変えてしまったようだ。それに情報化の進展が少数の幹部社員だけでもある程度事業が展開できる後押しをしたのだろう。


 
 資本の自由化や情報化によって今までとは次元が全く異なった権力を得たアメリカの貪欲な資本家達は、未開の地が残っていないなら、末端の労働力を提供する人々から搾取することにしたわけだ(もうそれしか効率よく稼げるところがなくなっている)。何故竹中平蔵等の新自由主義者達が労働者の待遇改悪にあそこまで熱心になれるのか不思議だったが、このように資本主義の最後のあがきと考えると、巧く説明できる気がする。




 だから今、古風な言い方になってしまうが、「労働者」はどういう手段で資本家と対決すればよいのだろうか?既存の法律に頼るしかないとすると、「ブラック企業」の増殖に歯止めをかける方法は、あまりないように思える。
それだけに、今審議中のホワイトカラー・エグゼブションや労働者派遣法の改悪は決定的に、グローバル企業に、日本国民を生贄として捧げるものになってしまうだろう。



 少し時計の針を巻戻して考えれば、今の日本社会はアメリカ型の弱肉強食社会にしてしまうのか、ワーキングシェアなどを通して、貧富の差の少ないヨーロッパ型の社会を目指すのかの大きな分岐点にいたように思う。それが小泉改革によって、セーフティーネットを満足に用意しないまま、フリードマンの新自由主義的な政策を無批判に導入してしまった。その結果年越し派遣村が出来たり、母子家庭の7割が、年収200万円以下というかつての「1億総中流」はいったいどこの国の話かと思うほど、悲惨な現実になってしまった。



 しかもここでも安倍政権を勝たしてしまったことが、決定的に暗い将来を招き寄せることになってしまった。しかしアホノミクスの失敗は目に見えているので、近い将来に大不況とともに政権が崩壊するはずだ。その時どのような労働環境と哲学を用意できるのか、それが「日本を取り戻す」最後のチャンスになるような気がする。





※アメリカと日本のの最低賃金はILO加盟国の中でも最低ランクで、オーストラリアの半分以下(3分の1)に過ぎない。


 
 
資本主義の終焉と歴史の危機 (集英社新書)
集英社
2014-03-14
水野 和夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 資本主義の終焉と歴史の危機 (集英社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 28

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2015年01月04日 23:35
アホノミクスが上手くいくはずないと思いつつ、上手くいってくれないと国民の生活はどうなるのだろうという不安で・・・。国民は経済が破綻すれば目覚めるのかしら。
アメリカナイズすることがいいことだと信じていた人たちだって、なにひとつ目覚めていないし。たしかに小泉が出てきたあたりから、どんどんおかしくなって行きましたよね。わたしのはまだまだ理解できない話なんです。
2015年01月05日 07:10
ののはなさん 本当にアメリカも変わってしまいましたよね。私なんかも「名犬ラッシー」や「ルーシーショー」・「パパはなんでも知っている」というアメリカのホームドラマも見て育った世代ですので、アメリカの健全で豊かな中産階級というイメージを引きずったままなのです。しかし堤美果さんの著作を読んだり、いろいろな統計数字をあたってみると、80年ごろから国民の二極分解が始まり、今ではすっかり中産階級は没落してしまったようです。日本はそのアメリカのやったことをを盲目的に追随しているので、(元々豊かなアメリカでさへ酷い状況になっているので)、日本がどうなってしまうのか本当に心配です。
渡り鳥
2015年01月05日 20:24
今が「終わりの始まり」なのか、転げ落ちる坂道の傾斜がより強くなっただけなのか、数年後になって初めてわかるのかもしれませんね。
馬の骨
2015年01月06日 14:21
渡り鳥さん
確かにそういえば、何が何だかわからないまま、転げ落ちている感はありますね。
2015年09月25日 19:54
現在の日本は、弟4期の中頃かと。未だに竹中やら西室等と云う米国洗脳害虫が悪さを重ねていますし、森や麻生等の頭の足りない人間が権力の後ろ盾というのには。
2015年09月26日 09:21
「kazukunn」さん。コメントありがとうございます。
竹中などは別にしても(曲学阿世の輩や御用学者みたいなのはいつの時代にもいる。)、彼らを使う側の森とか麻生とか漫画しか読まない人たちが権力の中枢にいるという本当に悲しい現実です。

この記事へのトラックバック

  • 水野和夫:「資本主義の終焉と歴史の危機」(...

    Excerpt: 何やら大変なタイトルですが、一考に値する本です。【楽天ブックスならいつでも送料無料】資本主義の終焉と歴史の危機[水野和夫]価格:799円(税込、送料込)水野和夫さんは、証券エ... Weblog: 楽天売れ筋お買い物ランキング racked: 2015-03-11 23:29