「恋は雨上がりのように」を観て

poster_dvdk恋は雨上がりのように.png この酷暑の中で、最近の一日の過ごし方のパターンとして、wowowから録画した映画や、見逃した映画のブルーレイを
借りたりして、映画鑑賞+読書というパターンがなかなか気に入っている。

今日は「恋は雨上がりのように」を観た。
有名な漫画の映画化らしいが、そんなことは全然知らず、単にフィルムマークスで高評価の
青春映画ということで観た。

俳優が良かった。
主演の小松菜奈が、普通の美少女ではなくむしろ、
睨みつけるような顔つきのことが多かったが、初々しい存在感が好感。
もう一人、店長とかつての同人誌仲間で今は小説家として成功している
という、嫌味になりかねない立場を好演した戸次重幸。
人生の雨宿りのような瞬間に出会った、女子高校生と中年男性。
さわやかな青春映画の佳作。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年08月21日 14:49
お久しぶりです、ありぎりすです。
「恋は雨上がりのように」
私は原作マンガ、映画は未見ですがTVアニメを視聴しました。
「美人女子高校生に慕われる」は中年男の願望、夢物語と思いますが、作中の中年男、一番の関心事が「小説の創作」(少女に対する性愛ではない)ということで、生臭みを消して純愛物語に仕上がっていると感じました。
作者はなかなか「上手い」、というか「狡い」というのが私の感想です。
v(^-^)
馬の骨
2019年08月22日 11:09
ありぎりすさん
コメントありがとうございます。

幾らも持たないはずの、安倍政権が長続きするのが、嫌気がさして、しばらく、twitterの方にかける時間が増えていました。

現在どのような形が、良いのか模索中です。
2019年08月22日 13:15
>twitterの方にかける時間が増えていました

あぁそうでしたか。
私はtwitter凍結されてしまったので、
ブログに注力していました。

『ツィッター凍結されちった(°ロ°;)』
https://arigirisu.at.webry.info/201804/article_1.html

もしもお気に入りのブログエントリーがありましたら、twitterで紹介、拡散して頂けたら嬉しいです。v(^-^)