「人民日報」のサイトのお薦め(日本人に対する優しい眼差し)

 個人的には偏見は少ない方だと思っている(アタリマエか?)。だから最近の意味不明 の(何かお互いの嫌悪感以外のものを生み出すのだろうか?)一部週刊誌や夕刊紙による、 執拗な中国や韓国に対するバッシングは不快に思っていました。  「  人て・・・だと思う」ということの多くはお互いの文化に対する無理解か 、日本人から見た場合、相…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京大空襲についての覚書(日経新聞と百田尚樹発言から)

 戦争体験については、ある程度意識して知識を得るように努力してきたつもりだった。  そういう中で百田尚樹さんの都知事選の時の品のない発言は置いておくとしても、 「東京大空襲と原爆投下はアメリカによる虐殺だ」という発言は、 今わざわざそれを言うことに、南京大虐殺のことを相対的に軽く見せよう的な意図以外に 何らかの意味があるのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

類は友を呼ぶー安倍君のお友達ー

「類は友を呼ぶ」とは昔からいうことだが、また見事にそろったものだ。 NHKの籾井勝人会長に、経営委員の百田尚樹に長谷川三千子、首相補佐官の後藤晟一。更に総裁特別補佐官の荻生田光一。更に更に、21日の報道では本田悦郎内閣参謀参与。  多分これらの人を任命する際に多分この人なら大丈夫だろうという安倍君なりの判断があったはずだから、 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日本企業の足を引っ張り続ける安倍首相ー靖国参拝にも関わらずー経団連は靖国参拝の議員に献金はやめよう

 このところ日経新聞に2013年4~12月の決算記事が続いた。 そこでよく見る記事のパターンの一つが、 「○○会社、○割増益に  安倍首相の靖国参拝にも関わらず中国での売り上げは、大きな影響を受けなかった」、というようなパターンが少なくとも10社くらいはあった。  淡々とした記事だが、実は相当不思議な記事ではないだろうか?…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雪掻きには大型の移植ごて(プラスチック製)、お勧め!

 東京も20年ぶりの大雪ということで、今も周囲から雪掻きの音が聞こえてきます。中には本格的な雪掻き用スコップを用意して作業している人もいれば、塵取りで行っている人もいます。  しかし移植ごてで行っている人を見たことがありませんが、実はこれがお勧めなのです。実は2年前の大雪の際雪掻き用のスコップを買いに渋谷の東急ハンズに行ったの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

さすが安倍首相ーNHKの体質の可視化に成功

 これまでもNHKの報道の中立性に関してはかなり疑問があった。 最近でも小沢氏に関することの報道の姿勢もそうだったし、 国会を取り巻いた反原発の金曜日のデモに関しては報道しようとしなかった。、 また今回の中北徹教授がラジオ番組で原発問題を取り上げることをストップかけたり、注意してみると とても不偏不党などとはいえないことは、結構…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

都知事選挙考ー教育委員会の改悪と都立高校の劣化に関する覚え書き

 安倍首相が今度は教育委員会改悪に乗り出すという。 この人は教育が時の権力が中立であるべきだという理念さえ理解できないらしい。  では、その直接の悪影響を受けることになる教育現場はどうなっているかーどれだけ様々な攻撃に対して抵抗できるかーということを、 (全体論は、色々優れた学者とかの論考が出そうなので、)むしろここでは私的な…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

悩ましい都知事選挙

 自分が誰に投票するかは、公示前は昨年もそうしたように宇都宮健児さんで決まりと思っていた。なにしろ細川護熙さんは、時効だし当の自民党に攻撃されるいわれは無いとはいえ、佐川急便からの借入金問題(殆ど自民党の問題だった。)は未決着のままだし、舛添要一さんはDVの上に、思想が右翼的過ぎる。ドクター中松は発明の世界では著名な人で資産家らしいが、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

TPPについての覚書ー堤美香「(株)貧困大陸アメリカ」(岩波新書)からー

 TPPに関しては、私なりに新聞などは丁寧に読んできたつもりだったが、いまいちイメージが湧かずにいた。勿論政府がいうTPPが発効されれば、一部の農業関係以外は、バラ色の未来が待っているというようなことは全然ありえないということは想像がつく。しかし農地の集積化を図ったり、農産物の差別化や高級化を図れば生き延びることができるのか、どのように…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

様々な雑煮作りに挑戦ー雑煮(関東風・鶏肉)には生姜でしょう!

 50年以上、鶏肉(腿肉)とほうれん草というシンプルな雑煮を食べてきた(それ以前はあまり記憶がない)。そんなもんだと思っていたので、それで格別に美味しいとか不味いということも無かったわけだ。 ところが、最近朝食の準備を私がすることになったので、その流れで元旦に雑煮も作ることにした。我が家の伝統というほどのものではないが、伝統通り…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

パイナップル添付の説明書きの不思議

 昔は、パイナップルといえば高級品でしかもせいぜい缶詰でしか食べられなかった。それが今はしょっちゅうスーパーにあるし、しかも安くて美味しいというわけで1年を通して時々購入している。  我が家では店頭で購入してから、大体1週間から10日くらい置くと食べ頃になることが多いので、その頃を見極めて頂いている。  ところが先日パイナップルに、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

中国と米の精神的距離と日本外交のズレ(中国の防空識別圏問題でも、アメリカに虚仮にされる安倍首相)

 中国もなかなか難しい国だ。尖閣諸島の問題はなかなか良い決着法が見えない中(国連でさえ危惧するような特定秘密保護法案は、事態の打開に困難さを増すだけだろう)、新たな防空識別圏の設定という危険な行為に出た。これに対し民間航空会社が飛行計画を提出することを勧めた米と禁止した日本との対応の違いが明らかになった。こんな大切な問題で明らかに米に「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やはり映画は女優だー形象としての女優ー

 このところやや大きめのTVを購入したこともあって、WOWOWで、映画を観ることが増えた。公開時にあまり話題になった記憶もなかった映画が(私が気がつかなかっただけかもしれませんが)、意外な佳作だったりしたことも多いのでここで少し紹介してみます。  文学作品(特に韻文)や美術の場合、優れた作品といえるかどうかは、どのような形象(イメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「特定秘密保護法案」と西山事件とマスコミの劣化

 個人的には、「特定秘密保護法案」というと、どうしても「西山事件」のことを考えずにいられない。国家の機密ー沖縄返還を巡っての密約(ある意味大スキャンダル)ーを暴露した世紀の大スクープを「男女の情を通じ」という表現に矮小化し、二人を逮捕した事件である。毎日新聞も、その他のマスコミも世論も二人をヒーロー扱いするどころか、本筋の密約を追求せず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これは何でしょう?

 正解は焦げたフライパンです。焦がしてしまったフライパンを重曹液に漬けて傷まないように焦げ目を落とすところです。  なんでこんなことになってしまったのかというと、家事の役割分担として朝食は私が作ることになっているのですが、今朝は「蜂蜜風味の手羽先煮」を作っていました。ところが、蜂蜜ビネガーと昆布水を同時に加えて煮込まなければならな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国ラブコメ映画を観ながら想ったことー日韓関係ー

 昔からコメディが好きだ。コメディであれば小説・映画・演劇とジャンルも国籍も問わない。しかし意外とこれが難しいのだ。ちょっとでも笑いのセンスがずれると面白くも何ともないことになってしまう。例えばレンタルビデオの店の品揃えから類推すると、結構人気があったらしい最近の「ハングオーバー」シリーズなど単なる悪ふざけで面白くも何ともなかったという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「黒子のバスケ」とTSUTAYA

「少年ジャンプ」連載中の「黒子のバスケ」の店頭からの撤去を求めて、複数の書店やコンビニに脅迫状が届いたそうだ。それに対して紀伊国屋や三省堂やジュンク堂などがこれまで通り販売を続けるとしたのに対して、TSUTAYAは「顧客の安全を考えて」全書店から撤去したそうだ。犯人はかなり異常な性格らしいし、これまでの言動から何をしでかすかわからない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謎のビラ配りー真のリストラを考えるー

 駅前のビラ配りというのはなかなか大変な仕事だと思う。ティッシュが付いている場合はそれなりに受け取る人もいるようだが、ティッシュなしの場合は受け取る人も殆どいないのでかなりのストレスになりそうだ。それでも新しくできた立地条件の悪い飲食店等の紹介の場合には、重要な宣伝だろうから配る側もやりがいがあるだろうし、受け取る人もそれなりにあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハムなどの合成着色料・発色剤はいらない。

 それ程強く無農薬とか、有機栽培とか無添加にこだわる方ではないが、無理のない範囲で不合理や不自然なものは避けるようにしている。近所のそれなりの規模のスーパーでハムやベーコンが着色料や発色剤の使ってある物しか置いてないのはおかしくないか。  最近朝食は自分で調理してそれなりのものを作っている。今朝はナポリタンにした。ところが食材を買いに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血圧降圧剤はいらないー岡本裕「一生、薬がいらない体の作り方」(三笠書房)を読んで

 そうと考えて読んだわけではなかったが、ある意味この本の内容はは先日の近藤誠「医者に殺されない47の心得」(アスコム)の続編的な部分が多かった。特に血圧に関する部分は説得力があった。私自身も血圧が多少高めということもあって、関心を持って読んだ。  血圧に関する章のの要旨は、体のすみずみにまで酸素や栄養素が送られ、また二酸化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more