テーマ:オリンピック

8月のマラソンから見えるものーオリンピックの品格ー

 普通、個人で8月の東京でマラソンを走るといえば、非常識扱いされ、危険だから止めろと説得されるのが落ちだろう。NHKの熱中症予防情報も危険ランクで戸外での活動を止めましょうといっているだろうし、高校の部活でもマラソンに近いことをやれば体罰とか虐待ということになるに違いない。そういう意味で野球の甲子園もどうかと思うが、あれは夏休み限定だか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復興の足を引っ張るオリンピック招致

 震災直後、「頑張ろう、日本」というCMや言い方に何となく違和感を感じていた。立場の違いを超えて「頑張ろう、日本」と言い切るおおらかさが私には無かっただけかもしれないが。特技もなく、体調も悪く、特にお金もない私にとって出来ることは、萎縮せず普通に生活することだけだった。ただそれは被災地の復興のために税金が私の身の回りのことに使われるので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「六本木にスキージャンプ台」ー税金を使って都がやることか?

 昨日六本木ヒルズアリーナにジャンプ台を設置してプロ選手がパフォーマンスを披露したというニュースが今朝各紙面を飾った。報道の中では触れてなかったが、おそらく電通あたりが企画立案し東京都が気前の良いスポンサーとなった(一体いくらかかったのだろう?)というところだろう。これがテレビ局辺りがスポンサーなら意外性も含めて「すごいパフォーマンスだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都知事選挙とオリンピック招致運動の不思議

 大震災後も石原ボケ老人が言い出した税金の無駄遣い以外の何者でもないオリンピックの招致運動が必ずしも下火にならず、今回の都知事選挙でも新銀行東京辺りと並んマスコミのでアンケートの重点項目になったりしている。個人的には本当に理解できないことだ。勿論ある意味で明るい話題を(オリンピックが本当に明るい話題かどうかは、微妙だが、それはさておき)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オリンピック候補地決定の意外

 勿論落選したことが意外なのではなく、最初に落選しなかったのが大変意外だった。世界で知る人ぞ知る人種差別主義者ーフランス語発言・三国人発言・ばばあ発言ーで知られる石原慎太郎が、いいだしっぺであり、その背後に国民の顰蹙である「鮫の脳みそ」の森がいる以上東京が選ばれる可能性は最初から零だった。またまともな都民(スポーツ馬鹿でない)はオリンピ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

東京オリンピック招致と石原慎太郎という漫画

招致活動の結果が出る前に一言意見を述べておきたいと思います。最初東京都がオリンピックの招致活動に乗り出すと聞いたときには、何かの悪い冗談だと思いました。他の知事の時には招致に成功することはあり得ても、石原都知事であるが故に最初から東京都が招致に成功することはあり得なかった。何故なら人種差別主義者・環境破壊を平気でする人物として知る人ぞ知…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more