「恋は雨上がりのように」を観て

 この酷暑の中で、最近の一日の過ごし方のパターンとして、wowowから録画した映画や、見逃した映画のブルーレイを 借りたりして、映画鑑賞+読書というパターンがなかなか気に入っている。 今日は「恋は雨上がりのように」を観た。 有名な漫画の映画化らしいが、そんなことは全然知らず、単にフィルムマークスで高評価の 青春映画ということ…
コメント:3

続きを読むread more

百田尚樹の盗作疑惑に納得

 2年ほど前に、「「永遠の0」を読んでー謎の安倍首相支持」という、文章を、このブログに書いた。 以下に最後の部分を再掲する。 『こうして観ていくと、この「永遠の0」は決して戦争賛美の作品ではないし、無能な軍隊の上層部に対する批判もきちんとある。また特攻の人たちが決して純粋な志願ではなく、周囲から強制されたもの(戦争という悲劇…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

宮部みゆき「希望荘」(小学館)読んだ

【中古】【書籍・コミック 新書・ノベルス】宮部 みゆき 希望荘【中古】afbエンターキングオンライン 楽天市場 by 以前に「ペテロの葬列」を読んでいて、宮部みゆきはミステリーの「訳あり」探偵の「訳」 の部分を書きたくなったのだろうと予想したが、その予想は概ね当たったのではないか。 本や広報誌の編集者であった主人公が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

壇蜜「光ラズノナヨ竹」(「オール読物6月号」)を読んだ

壇蜜って本当に上手いというか賢いと思った。 上手いといっても作品の出来ではない。作品自体は、率直にいって 可もなく不可も無しというレベル。 では何が上手いのかというと、その取り上げた題材・背景が上手いのだ。 具体的にいうと、「おっぱいパブ」でバイトすることになった女子大生の話。 もしこれが観念的な女子大生の自立の話だっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊谷徹「ドイツ人はなぜ、1年に150日休んでも仕事が回るのか」を読んだ

 「ドイツ人はなぜ、1年に150日休んでも仕事が回るのか」は最近の出版物らしく、本のネーミングが そのまま中身を表すようになっていて、日本がGDPが世界2位といわれていた時代から、個人に換算すると世界で20何位みたいな報道に接してきたので、私の関心とかなり重なりそうだったので読んでみた。 ドイツ人はなぜ、1年に150日休んでも仕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大根の新たな調理法ー大根は炒めようー

家庭料理は冷蔵庫にあるものを優先して使うというような制約があるので、 常に元のレシピからはアレンジと小さな工夫が求められる。 また、食べ歩きが好きなのでちょっと変わった料理があると大抵試してみる。 でも家で大根を使うとすると、まず大根おろし、それから鶏肉や、烏賊との煮物、フロフキ大根 こんなところと思っていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「東大、アジア首位転落」(日経新聞6月21日朝刊)の記事を見て考えたこと

見出しに「東大、アジア首位転落」とあったから、2位に落ちたのだと思って、 表を見たら、なんと7位にまで落ちていた。 これって非常にまずくないですか? もともと東大の在り方には様々な考え方があって、現状の富士山型より、八ヶ岳型の方が良い というような議論もあった。これはこれで理解できるのだが、それなら他の大学の評価が上がっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮部みゆき「希望荘」の広告を見て

宮部みゆきの、杉村三郎シリーズの新刊が出ることになった。3年以内に私立探偵ものとして、続編が出るだろうという予想は当たったようだった。 年金生活なので、なるべく図書館を使うことにしているので、まだ読んでいないが、以前に「ペテロの葬列」で書いた予想がある程度は当たっていたので、自分なりに予想のポイントや、見どころを整理しておこう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若者から結婚の夢を奪うアベノミクス「結婚したい20代急減」(日経)の記事を読んで、思ったこと

 安倍首相って御用新聞である日経新聞も目を通していないのだろうか? それとも読む能力が無いのだろうか? 同じ内閣の主要閣僚である麻生財務大臣が「ゴルゴ13」 で世界情勢を勉強しているという話だから、読む能力が無くても不思議はないが。 6月22日の日経新聞の朝刊に「結婚したい20代急減」という記事が載っていた。 その内容が深…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行き当たりばったりの、ベランダ園芸2016 梅雨バージョン

何の花だかわかりますか>>? 見るからに菊ぽいですが、正解は春菊です。 私自身春菊のほの苦さが好きで、すき焼きは勿論、牛丼みたいなものに良く入れます。 でも花は見たことがありませんでした。 ベランダ園芸も何となくマンネリになりながらも、何もないと寂しいので続けていましたが、 今年は行きつけの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然ランチ記録(11月ver2)

 ボケ防止の本をパラパラめくっていたら、1日1万歩歩くというのに並んで、「食事はいつもの同じ店ではなく新しい店を開拓する」というのがあった。家の周りには散歩に良い環境が無いこともあって、なかなか1万歩は達成できずにいたので、これこそ私向きの健康法だと思った。つまりランチに入る店(原則として新しい店)を捜しながら散歩するというもの。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

平和国家としてのブランド確立をー「安保法案」の賛否の分岐点を考えるー

「安保法案」はまともに成立したものとは、到底思えないが(議事録もないなどあり得ない!)、社会がある程度成立したとの前提で動き出した以上、それに合わせてコメントしてみようと思った。 安保法案が成立した後の9月20日(日)の日経新聞朝刊の記事に、審議時間はそれなりに確保したが、審議はあまり深まらなかったとあった。同時に、同じ朝刊の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

水野和夫「資本主義の終焉と歴史の危機」を読んで考えたこと

 なんとなく、世の中の動きに感情がついていけなくなっていることが増えている気がする。そういう気持ちから「経済成長至上主義からの決別」を書いたわけだが、根底は世界で起きていることが理解できていないことへの不安感なのだろうと思う。その中でも特に最近理解できなくなっていることの一つが、労働者の処遇についての問題- 例えば日産のゴーンは大した…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

ボケ防止に料理ーCOOKPADに10レシピ投稿ー

 退職に伴う家事分担の見直しで、私が朝飯を用意することになった。 最初の頃は干物に味噌汁という感じだったが、直ぐに飽きてしまった。元々味には拘る方だし、野菜を腐らせて無駄にしてしまうということはしたくないので、なるべく家にある食材でそれなりの料理を作るということになると、それなりのハードルの高さの作業になった。これならボケ防止に少しは…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

安倍内閣の影と陰ー亡国のアベノミクス3-

 今回の選挙に関しては、私には理解できないことが多すぎる。自民党が300議席の予想?って何かの間違いだろうとしか思えない。振り返って、かつての田中内閣が高い支持を集めたときは、私自身は田中内閣を支持しなかったが、支持される理由や、支持する人たちの気持ちは十分理解できた。そこで今回も私なりにこの安倍内閣が2年間に行ったことを振り返ってみる…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

今度は海老味噌ラーメンに挑戦ーCOOKPADに投稿ー

 魚介系のラーメンが好きだ。豚骨ラーメンは特に好きでも嫌いでもない。以前は魚介系のラーメン店は珍しかったが、最近豚骨系が少し飽きられたせいか、或いは健康志向のせいか、結構煮干し系のラーメン店は増えている。 ただ、煮干し系だと結構有名店でも辛すぎるとかいまいちに感じることも多く、ちょっと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

亡国のアベノミクス(2)-ネーミングだけは巧すぎたー

11月22日の日経新聞の朝刊の見出しは、衆院解散に関連した記事で「アベノミクス争点」という大きな見出しの後、政権発足時と直近の様々な経済指標が表にまとめられている。「財政健全化は遅れ」とか「都市と地方の格差はまだ残る」というような微妙な数字が並んでいる中で、株価だけははっきりと1万230円が1万7357円になっていて、さもこの株高が「…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

行き当たりばったりのベランダ園芸(2)ー秋・冬バージョンー

元々、気まぐれな方だし、園芸に対する知識も無いので、昨年の秋は夏のままにしていて何もしなかったら、冬から春にかけて、ベランダがとても寂しいことになってしまった。そこでこの秋は、昨年の反省から、9月の末から10月にかけて(丁度気候もいいことだし)、少し土いじりをすることに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日本は既に中国以上の格差社会だったー中国崩壊論の大ボケー

 中国は酷い格差社会だから、いずれ崩壊するというのは、一部の週刊誌や、夕刊紙が好んで使うフレーズだ(※1)。しかし、先日たまたま目にした「知恵蔵」や米の調査会社「ギャラップ」のレポートに拠れば、中国では何と2007年には26パーセントもあった相対的貧困率が2012年には7パーセントまで下がったというのである。それに対して日本は2000年…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more