ボケ防止に料理ーCOOKPADに10レシピ投稿ー

 退職に伴う家事分担の見直しで、私が朝飯を用意することになった。
最初の頃は干物に味噌汁という感じだったが、直ぐに飽きてしまった。元々味には拘る方だし、野菜を腐らせて無駄にしてしまうということはしたくないので、なるべく家にある食材でそれなりの料理を作るということになると、それなりのハードルの高さの作業になった。これならボケ防止に少しは役に立つかもしれない、ということで毎朝山妻が起きてくる前に、材料の下ごしらえをすることになった。



 とはいうものの、学校での家庭科共修世代以前なので、料理に関する知識は零。頼りは自分の舌先三寸だけというスタートになった。最初は家にあった料理本に従ってやったりしていたが、冷蔵庫にある具材とレシピとは大体違っていて常に工夫というか、アレンジを要求されることになった。そんな時COOKPADの存在を知り、便利に使うようになった。



 そのうちにCOOKPADというシステムがどのように運営されているか、関心を持つようになった。投稿することによって少しは見えてくるものがあるかもという期待と、自分も利用させてもらってばかりでは悪いのではないかと思っているときに、全ての食材を「適量」で通しているすごいレシピを見つけたので、自分の拙いアレンジ料理でも大丈夫だろうと考えて、投稿することにした。また自分でアレンジしたレシピの保存にも便利に使えるかもしれないとも考えた。



 まずレシピの入力作業をしていて感じたのは実に入力の画面が巧く出来ているということだった。大体通販の入力でも(Amazon以外の)成功率は20%位の私が、少しも途中で消えることなく最後まで何のアクシデントもなく、入力できたというのは、稀なことだから。
 そして人気順にレシピを見ようとすると、月に300円の登録料が必要というシステムが、巧いというか、ずる賢いというか、良く考えられたシステムだと思った。料理の本は300円では買えないので割安と感じる一方、恐らく一度登録すると、例えば30歳の人が一度登録すると、大抵はその後50年間位使い続けるとすると、18万円の買い物をしたのと同じになるので、決して安い買い物ではないはずなのに、1番人気を見たいという気持ちにつられてついつい登録してしまう人も多いのではないか(私は年金生活なので登録する気は全然ないが)?


 そして投稿した料理には、アクセスした人の数・自分のレシピに保存した人の数、レシピを印刷した人の数が簡単に検索出来るようになっていて、ある意味の手応えみたいなものを、感じやすく出来ている。「群衆の中の孤独」ではないが、日常に埋没してしまうような生活をしている場合には、ささやかではあってもはっきりと数字で表されるので、手応え(存在感)を得ることができるツールになっている。
 ちなみに私の場合でも10のレシピの合計で1か月足らずで、アクセスが6000件を超えているので、面白がっている。ちなみに下記が私の投稿した中で、1番人気のレシピ。



http://cookpad.com/recipe/2917750










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

渡り鳥
2014年12月23日 15:23
cookpadにいくつも投稿するとはさすがです。けんちんのページを見ました。いかにも料理といった感じで書かれてますが、基本「適当」なわけですね。プロのレシピも案外「適当」にあとから数字をつけただけかもしれませんね。
2014年12月23日 16:28
馬の骨さんの研究心と探究心の豊かさに圧倒されました。因みに、これらのレシピはすべて朝食用ですよね・・・・信じられない!!
恥ずかしながら、拙宅の朝食は「前の晩の残り物」が定番となっております。
したがって、前の晩の残りが少ない場合は、お茶漬けや卵かけごはんで終わりです。田舎育ちですので、朝、昼、晩と米のご飯が一番ですね。
もちろん、時には麺類になったり、朝食か昼食がパンになったりすることがありますが、それは稀です。
夕ご飯のおかずでも、メインの肉か魚があれば、あとは野菜と味噌汁で十分ですね。
あれこれと素材を組み合わせたりするようなものは食べたことがありません。
土台が「水飲み百姓」の末裔ですので、口に入るものなら何でも・・・・という感じです。
食べるもの以外にも、文化的な生活とは程遠い、伝統的なものに囲まれて暮らしています。
もうお迎えも近いと思うので、このまま最後まで行ければよいかと・・・・どうもマイナスの面ばかりを並べ立ててしまいまして申し訳ありません。
コメントにも値しませんね、ごめんなさい。
2014年12月24日 09:29
渡り鳥さん
私の場合、そこまで行ってないのでなるべく料理のすぐ後に記録作業をしたので、割と正確なはずです。ただ「海老味噌ラーメン」の水の量は後から調べようと思って取りあえず400ccと入力してしまったのを、そのままアップしてしまいました。正しくは600ccです。
2014年12月24日 09:45
あきさん
おっしゃるように、主菜・副菜・味噌汁というのが健康な食生活の基本形ですよね。我が家も夜は大体そういう感じです。
 後は冷蔵庫のものを如何に無駄にしないように、美味しく食べるかに拘っているだけで、要するに単なる食いしん坊なんですね。
2014年12月24日 23:56
鶏ガラを使うところがナイスよね。わたしはいつもこうしたレシピ利用させてもらってますが、馬の骨さんのレシピだったりして・・・。いい勉強になりました。研究心にはもう脱帽ですよ。たまに食べに行ってもいいですか?
馬の骨
2014年12月25日 10:07
年金生活ですので、具材も安価なものしか使っていませんが、ささやかに贅沢しているところがあって、それは何かというと、一般に「塩」を使うところは殆ど「鶏がらスープの素」を、また醤油を使うところは、甘さに注意しながら殆ど生協の「昆布醤油」を使っています。微妙に味わいが優しくなるので気に入っています。ののはなさんならいつでも歓迎します。
2014年12月30日 12:17
気持ち玉、ありがとうございます。
お料理って、難しいですね(笑)。
2014年12月30日 21:28
馬の骨って、聞いたことあると思ったら、藤沢周平の小説に同じ題名がありましたね。誰が馬の骨と称する剣術の使い手か最後まで分からなかった小説。結局誰だっけ馬の骨って?
馬の骨
2014年12月31日 09:02
さよさん
読書は良くする方ですが、まだ藤沢周平は読んだことがありません。今度機会があったら読んでみます。
馬の骨
2014年12月31日 09:05
アメフラシ2899さん
アメフラシ2899さんの魚は新鮮だから、シーフードパスタも美味しそうですね。

この記事へのトラックバック